転職の便利な知識

保育士に復帰するための転職の面接のポイントと主な種類は?

投稿日:

面接の方法は園によって様々です。また、質問の内容も個性的なものから一般的なものまで幅広く質問されます。

その面接の中で、いかに自分という人間をアピールできるかが勝負になるのではないでしょうか。

集団面接

まずは、集団面接です。面接官数人に対してこちらも数人という形です。

集団面接は、他人の答えた意見が聞こえてしまうので、少なからず心の中で、「この人の答えすごい!敵わないよ…」のように回りが凄く見えてしまい自信を失ってしまうことがあります。

でも、いかにこの中で印象を相手に残すかは大事だと思います。

ニコニコしているだけでも、無表情の人と比べればニコニコしてる人の方が有利だと思います。

保育園的には暗い人よりニコニコしてる人の方が回りからの見た目や受けも良いですからね。

そして、質問に対して答えが被ることがあります。でも心配しないでください!

それがあなたの意見だから「さっきの意見と同じなんですが…」とか言わず、「私は、〇〇〇です。」と被った答えでも自分の言葉で言うことで自分の意見になりまので、自信を持って答えてください。

そこにプラス自分としてのオリジナルな考えが入るのも良いと思います。

個人面接

個人面接は自分対面接官1人~数人になります。一人っていうのも不安になったり、緊張する要素ですよね。

個人面接でも集団面接と同じで、ニコニコして自信を持って答えましょう!

一人なので、人の答えに左右されず落ち着いてできます。

面接の経験から

面接は一般的な志望理由や長所短所などどこの企業でもされるものから独特なものまであります。

例えば、「今日はクリスマス会です。あなたはサンタクロースです。子ども達の質問に答えてください。

好きな食べ物は?…」など質問されたり、置いておる数冊の絵本の中から「年少さんに本を読んでください」と選んで読んだり、保育場面から保護者対応、ケンカの対応など質問されたりします。

でも保護者対応等現場に関わる質問は、おかしな回答はダメですが、100点で答える必要はありません。「まだ働いたことがないので、(経験が浅いので等)これから働くなかで先輩保育士さんの対応等見て勉強していきたいと思います。」

という言葉を添えるのもいいですよ。

謙虚な姿勢も大切です。

保育士の面接官は園長や副園長とベテラン相手なので自信過剰の人は微妙です…保育はチームワークなので♪

これから試験受ける方、頑張ってください。保育士の仕事楽しいですよ♪

-転職の便利な知識
-, , ,

Copyright© 保育士復帰@失敗しない求人・転職比較サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.