短大の時期に就活をした中の1つの園で入社試験に合格が決まり、修了してただちに認可保育園へ在職をしました。

早朝のチャイルドケアからサンセット残業チャイルドケアまでロング労働時間で、時間外労働もありません。

子供が残っていたらそのまま延長チャイルドケアに左右されるたいてい賃金不払残業スタイルで勤労していました。週末とホリデーは園はお休みですが、職員は催物前などは出社でした。

認可保育園を退職した理由

いつも音楽への教育を懸命に頑張っていて、保育士に対してもピアノのプロブレムが提出され、パーフェクトに弾けないとと主任に気づかれるとその途端イロニーを言われるテンションだらけの毎日でした。

就労時間も長時間なため、ピアノが不得意な私には厄介事をきりもりして行くことも難しくなり、疲れ果ててしまったせいでどうでもよい曲までミステークをしては、そんな時にのみリーダに聞こえてしまっているという状況下で、その度毎、いたたまれない気持ちになりました。

スタミナと対人関係にリミットを感じ、22歳の時に勤続期間2年で退社しました。退社訳合いは健康が優れないからです。

駅前託児所のオープニングスタッフとして再就職

その後、別の仕事を探してみようかと思っていたのとほぼ同時に、友人の紹介であるオーナーと顔見知りになるチャンスがあり、一連の流れとして新たに駅前保育所を創始するという話を聞き、オープニングスタッフとして来て欲しいと言われました。

23歳の時です。認可外のターミナルデパート内の1室で、最初は、アルバイトという形式で、先輩保育士の職務を援護したり、ヘルプのようなことから取り掛かりました。

先輩スタッフは古強者で、また、園には、ベイビーの仮寝場所や体を使う遊びのできる場所なども保有されており、お散歩も決まった時間にすぐ傍の公園で行い、装備も完備されていて不安が無く、ここで働くとができるようになり本当に良かったと思いました。

その後5年間勤続し、マリッジとコンセプションが並行して証明され、悪阻が辛くて出所が難しくなり、新居が別件になることをモメントに、28歳で自動的に辞職しました。

転職して良かったこと・変わったこと

5年働いたので昇給があり、ボーナスは無しですが、スタッフがみな仲が良く、オーナーにはよく食事をおごってもらえたので、食費の面でかなり助かりました。

ピアノは自分たちで選曲したり、行事もスタッフで考えるので、いつも愉快にプログラムしていました。

子育てをしていて、子どもにとって良いと思ったことは、どこの園でも大変のびのびとエンジョイできる環境なことです。

最初に勤めた園も大変人気のある、教育への意気込みがスゴク行儀作法にも力をかけた園だったからです。

けれど、自分には相応しくなかった、ただそれだけのことだったんだと思います。

今ではもっとこちらで紹介しているような保育士の転職サイトなどを活用すればよかったと感じています。

保育士転職・求人サイト比較|現役保育士が成功した転職ガイド

遅いんですけどね。

どちらの園も、まず一番に児童の身になって考慮しているところは同じだとお思います

投稿日:2017年2月17日 更新日:

Copyright© 保育士復帰@失敗しない求人・転職比較サイト , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.